引き続きディアーです。

レザージャケット

ディアスキン・レザージャケット

先日ディアースキンのライダースジャケットのお話をさせていただきましたが、、、やっぱりディアは最強ですね。レザージャケットといえばホースレザーとかラムレザー、最近はゴートレザーが人気のようですがしなやかさや強靭さを考えるとやっぱりディアなんですね、、、その証拠にハイブランドでも最高級のこだわったシリーズではディアのレザーを使用していますからね。何しろ柔らかくて強靭でビンテージ感も出る素材というのはなかなかないですからね。しかも貴重な素材ですので人とかぶることも少ないですし、ディアのレザーを持ってるだけで少し優越感に浸れます(笑)先日もまたディアのレザージャケットを探してましたらいろいろこだわりのジャケットが出てきます。値段も結構ですが、素材感、存在感はやっぱりほかのレザージャケットとは一味も二味も違います。表面のシボ感・手触りもやっぱりいいですし、長く着られるというところがいいのかも。なぜか男の人は長く同じものを着るのが好きですからね、レザージャケットでもデニむでもしかり。もちろんその間に他のレザージャケットを買ってしますので色々着まわしていくから飽きずに着られるということももちろん一つの要素ですが。折角なのでレザージャケット上げときます!

 

ライダースです!

ども。ご無沙汰しておりました。

久しぶりにアップしようと思ったのは先日また新しいジャケットを発見したからなのです!これはオイルレザーのライダースジャケットなので

すがフード付きのパーカータイプ。カジュアルに着こなせそうなので今からの季節にもちょうどいいかもしれません。色も黒とキャメルで結構

定番っぽいレザーライダースジャケットになっておりますが、全体の雰囲気はシンプルながらもデザイン性に優れているレザーライダースジャ

ケットです。オイルレザーなのでいい雰囲気に仕上がっていきそうです!!

さすがに真夏のレザーはライダースジャケットといえども厳しいので今からの季節が意外と合うんですね。少し肌寒いときもありますので、そ

ういう時はさっともって出かけられるオイルレザーライダースジャケットは重宝します!

レザーバッグ

レザーライダースジャケットはもちろん物色中ですが今はレザーバッグも♪

軽くて容量があるものってなかなかないですね、、、

かっこいいのはあるんですけど容量が少なくて、、、

もちものはそんなにないんですけど水をもちあるいているのでボトルが入るのじゃないとだめなんです。

話は飛びますが最近は夜は結構涼しいですけど昼間はレザーを着るほど涼しくないんですよね、、、そろそろメンテナンスしてしまっちゃおうかなと思うんですがレザージャケット・ライダースなんかは梅雨に入ると意外と活躍しますからね!

早く夏にならないかな、、、(笑)

今年も、、、

メンズレザーが少しずつ出てきてますね。もちろん春物なのですが、、、

これからが意外と一番のレザーの季節ですからね。

もちろんバイカーにとってもレザーライダースジャケットが一番活躍する時期となります。

今年は車で北海道に行こうと思うんですけど、行った方いらっしゃいますか?寝袋だけで大丈夫だし天気にも強いので車も楽しそうですがいかんせん、一人では、、、誰か一緒に行く方を募集しますので、宜しくお願い致します(笑)

オイルレザー

こんにちは。加工の話の続きですが最近出てきているのがオイルレザーです。これは何年か前にオイルジャケットなるものの続きなんでしょうか?レザージャケットにオイルを入れるとなると結構ビンテージ感が出てきて良くなりますよ。というのがネットや雑誌なのでの評価みたいですね。確かにレザージャケットは長く着られる物なのでオイルを入れることで耐久性も良くなるでしょうし雨が降っても大丈夫!かどうかは分かりませんが、革自体に色の深みが出てくるというのは理解できます。でもなるべく濃い色じゃなくて薄い色のオイルレザージャケットの方がオイルを入れた意味が生きてくるのではないかと思います。黒のレザージャケットにオイルを入れても深みとか濃淡の違いはあまり出ないですからね。またオイルを自分で塗れる楽しみもあっていいというのが男子が好きそうなファクターではありますね。やっぱり自分で作り上げていくというのが男子たるもの必要だと思うわけです。現代の草食系男子にいっても右から左へ受け流されてしまうと思いますが、、、この話で言うとブーツにオイルを塗ったりレザージャケットにオイルを塗ったりするという作業はこの先どんどん廃れて行ってしまうんでしょうねぇ、、、ノーメンテで履けるレザーブーツなんかが発売されることでしょう。物を手入れして大事にするのも大切なことだと思いますがみなさんどうでしょう?

加工

最近はやりの加工と言えばシワ加工の商品が多いですよね。レザージャケットに限らず見受けられるので今はシワ加工にしておけば間違いない!って感じなのだと思います。たしかにカジュアルに着こなしていく分には問題ないですし伸縮性もあるので着心地もいいんでしょうね♪ただ綿の生地でシワ加工をしたら洗っていくうちにシワが取れて行ってしまうので1年着てみたら普通のジャケットになっていた!(笑)みたいなこともあるようです、、、完全に取れてしまうわけではないようですが注意書きを見てみるとシワ加工が取れてしまいますと書いてあったので3年くらいで完全になくなるのかと。翻ってレザージャケットのシワ加工の方はそれほどシワ加工が取れてしまうこともないみたいですね。これはレザーの特性でもあるのですが最初に型を付けてしまうとその形を維持しようという力がレザーの場合は生地よりも強いからですね。もちろん革をなめして製品にしていく段階で薬品(もちろん自然の物を使ってる物もあるので全てが化学的な薬品と言うわけではありません。)を使って形を維持できるような処理をしているからなんでしょうけど、そういう面でも見てもレザーの加工には手間がかかっているんですね。元もが動物の皮ですからそっから剥がして毛を処理して洗って匂いを取って薬品に浸して色を付けてと作業が綿などに比べたら多岐にわたっているので値段が高くなるのも無理はないですね。レザージャケットになるまでにはそれだけの時間と労力が費やされているということですね。これは大事に着ていかないと罰が当たるかもしれませんよ。

シングル?ダブル?

どもです。みなさんはシングル派ですか?ダブル派ですか?ウイスキーを飲むならダブルだけどレザーライダースジャケットがはシングル派のT部長です♪レザーライダースジャケットがというとシングルの方が圧倒的に人気だとは思うんですが、最近気になっているのがダブルのレザーライダースジャケットなんです。シングルのいい点はデザインがシンプルなので普段着としても使いやすいので毎日活躍してもらえるということです。逆にダブルのレザーライダースジャケットだと普段着に着るのを考えると少しハードになりすぎてしまう印象があるのでどうしても距離を置いてきたんですが、、、男子たるものダブルのレザーライダースジャケットに挑戦してみた方がいいのかと思ってググってみると、、ありますねぇ、、UKタイプとUSタイプが、、、UKの方がタイトで頭をリーゼントにしてる人たちが着ているやつでUSの方がハーレーにまたがってサングラスをしながら砂漠の中の道を滑走してるやつですね。私はどちらかと言うとというか背が低いのでUKタイプの方がに合うと思ってるのでこちらで検索ちゃん!すると出てきたのがこのサイトでした。HarufLeatherStoreとなってる通りレザージャケット専門店です。サイトを見てみるとレザージャケットしかないんですね、、、ムートンも多少ありますが、、、なかなかこれだけの品ぞろえがあるお店と言うのはないんじゃないですかねぇ、、、値段だけ見ればもっと安いお店はありますがこちとら長く着られる物を探し求めてるわけなので!